不動産物件を借りた時や、購入した時に発生してくる費用の一つが仲介手数料です。この仲介手数料というのは、不動産物件を紹介してくれた不動産会社に支払うものです。賃貸物件の場合は家賃の一ヶ月分がこの費用として支払われることが多いです。しかし、中にはこの手数料を半額としている物件があったり、手数料が全くかからない物件もあります。これらの物件を探したい場合は、直接業者に出向いて紹介してもらうことがおすすめです。物件を借りる時には、他にも前家賃、敷金、礼金と沢山の費用が発生してきますので、できるだけお得に物件を借りることができることが理想です。しっかりと自分が探している物件の条件を伝え、金額の希望も業者に伝えてから物件探しをしてもらうとスムーズに自分の希望に合ったものを紹介してもらうことがでるのでおすすめです。

不動産の仲介手数料について

私は去年の10月に新築一戸建てを購入しました。今までは賃貸マンションにずっと生活をしていたのですが消費税が増税されるということを決まったので私たちはついにマイホーム探しを始めました。女は新築分譲マンションで探していたのですがやはりマイホームとなる庭や駐車場等欲しかったので新築一戸建てを購入することに決めました。新築一戸建てだと不動産屋に行って家探しをお願いしたのですがその際に仲介手数料というものがかかってきました。賃貸マンションを探した際にも仲介手数料がかかったのですがマイホームとなると金額をとても高くなってきます。頭金を用意していたのですがほとんどそれで飛んでいってしまったので少しショックでしたが、これも現実なので胸にひめました。不動産屋にはとても良い家を紹介してもらったので良かったと思います。

不動産取引における仲介手数料とは?

仲介手数料は、不動産会社(宅建業者)を通して不動産を売買、または貸借する場合に、不動産会社へ成功報酬を支払うお金です。媒介手数料とも言われています。成功報酬として支払うものですから、売買や貸借の取引が成立しなければ支払う必要はないです。不動産の取引契約が成立しないと、媒介が成立したことにはなりませんので、契約が無効または取消しになった場合、宅建業者は報酬を請求できません。仲介手数料は、上限が宅建業法で決められていますので、それを超えない範囲内で不動産会社が自由に決めることが出来るのです。通常、不動産会社は、上限いっぱいに設定していますが、本来、法律が定めている範囲内の金額で、話し合いをして決めるものです。注*宅地建物取引業の免許をもたない人が、仲介手数料を請求することは違法となっております。