不動産の契約には仲介手数料がかかる場合があります

まず不動産には分譲物件と仲介物件があります。分譲物件というのは基本的に不動産会社自体が売主となり直接販売するというものです。一般的には新築のマンションや建売一軒家などが分譲物件に当てはまります。一方仲介物件は売主と買い手の間に仲立ちする不動産会社をはさんで契約を結ぶ物件のことを言います。仲介手数料がかかるのはこのタイプの物件です。大抵、中古のアパートやマンションを借りようとする際にはこの手数料がかかってきます。この手数料がかかるのは契約の際で、見学などだけでは基本的に発生しません。最近はインターネットでも物件を探せます。そういったインターネット上のページにも仲介手数料が記載されていたりしますので物件を自分で探す際に仲介料も見逃さず初期費用の計算に含める必要があります。仲介手数料も意外とばかにならなかったりします。

不動産屋さんの仲介手数料

大学進学や就職など、いろいろな理由を機に一人暮らしを始める人もいるかもしれませんが、そのような場合にはまず住む場所を見つけることが先決になってきます。多くの人は自分の住みたい地域の不動産屋さんを訪れて、家賃や築年数、お部屋の広さや間取り、駅からの距離や近くの環境などといった色々な希望条件の中で理想のお部屋を探してもらうことになります。気に入った物件が見つかった段階で、賃貸借契約を結ぶことになりますが、借主である自分と貸主の大家さんの間に入ってくれるのが不動産屋さんです。双方を結び付けてくれる存在であり、契約をした後も何か問題などがあれば相談をしたりすることも出来ます。そのため、お部屋を借りる際に払う敷金などと一緒に、仲介手数料をお支払することになります。たいていは家賃の1か月分などというような相場が決まっているものです。

不動産会社を通すと仲介手数料

不動産会社を通して取引をするときには、必ずといっていいほど仲介手数料がかかります。その会社によって料金は違いますが、一般的なところだと、そのものの5パーセントくらいになります。例えば、今持っている土地を売りたいといっても、ほしいという人がいるかもわからないし、手続きも大変です。売買契約もしないといけないし、登記所の書き換えなどもしないといけません。そのため、専門の知識がないとうまく進まないということもあります。その点、不動産会社にお願いすることによって、情報公開から、手続きまでやってくれます。ほとんどの場合は、そのような会社を通して取引をしています。購入する側からしてみても、いろいろな情報を得られるし、条件に合ったものを探すことができるのでメリットはあると思います。そして、個人でやっているところなどは、交渉次第では安くしてもらえることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*