解約時の不動産の仲介手数料

今回は、不動産の仲介手数料についてです。まず、解約時の手数料はどうなのでしょうか。まず、そもそも契約が成立しなければこの手数料はかかりません。しかし、解約の場合は一旦契約が成立したとして、手数料を支払わなければならない場合があるのです。一般的には契約後に解約が考えられるのは、まず手付解除、そしてローン特約による解除があります。その場合はどうなるのでしょうか。手付解除は、買主が手付放棄、売主は手付倍返しをすれば解約することができるということです。この場合は、仲介業者の手数料の請求が認められます。したがって、手数料を支払わなければならないのです。ローン特約による解除は、買主が物件を購入した際、金融機関を利用した場合や、ローンの審査が通らなかった場合に契約を白紙に戻すという特約のことです。この場合は仲介手数料を支払う必要がないのです。

不動産の仲介手数料は上限が決められている

不動産を売却するときいくらにすればいいか悩むことがあります。5千万ぐらいで売れればと思うのですが相場は3千万くらいです。できれば早く売りたいと考えています。自分で売却額を決め売却先を決めれば特に仲介手数料がかかることはありません。求めている人がいないかと思っていたのですがなかなか見つけることができませんでした。仕方なく不動産業者に依頼することにしました。気になるのはどれくらい手数料がかかるかです。あまり高い金額を請求されては困ります。将来の資金繰りにも影響してきます。こちらの金額に関しては法律によって上限が定められています。不法に高い手数料を取ることができないようになっています。一生懸命売却に汗を流したからといって多額の手数料を請求できるわけではありません。上限いっぱいのこともありますし、半額ぐらいの業者もあります。

不動産を売買するときの仲介手数料

銀行などを利用すると手数料がかかります。振込手数料や入金手数料など様々なものがあります。この時にはできるだけ安くなる業者を選ぶでしょう。そうすれば支払うお金も抑えることができます。これらの手数料に関しては各業者が自由に決めています。あるところでは無料になっていましたし、非常に高く設定されているところもありました。不動産を売買するときには仲介手数料がかかります。銀行などと同じように業者によって率などは異なります。率は異なるのですが上限が定められているのでそれ以上の金額になることはありません。現在は売却の内200万円以下の部分については5パーセントプラス消費税、200万から400万以下の部分が4パーセントプラス消費税、400万を超える部分については3パーセントプラス消費税になっています。これ以上になることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*